あなたの個人的な ボーホーバッグ?

難易度 上級者
必要な時間 一晩
印刷する
idontcare

短時間で簡単に作れるプロジェクトを通じて、さまざまなことを学べます。 完成サイズ: 約6 x 7インチ(15x18㎝)

用意するもの

布地と裁断について
  • ウルトラスエード 15x7インチ(約38x18cm)1枚(芯地が必要な場合あり)
  • カラフルな裏地 15x7インチ(約38x18cm)1枚
  • Stabil Stick Stablizer Tearaway (刺しゅう用下地シート)18x11インチ(46x28cm)1枚
  • 財布口用金具5インチ(約13cm)1個(ブルワー)
  • ストラップ(オプション)
裁縫道具 ミシンとアクセサリー
注意:
PolysheenまたはIsacord Threadで色を使用しました。
レッド1805、ダークピンク2721、ターコイズ4111、グリーン5100、イエロー506

ミシンの設定

  • 刺しゅう用B 880を設定します
  • SUK針の80番をミシンに取り付け
  • 糸(赤、1805)をかけます
  • ボビンに白のメトラー・ボビンフィルを巻き
  • 刺しゅう用ボビンに糸を通します
  • カットワーク/直線縫い用針板をミシンに取り付け
  • 滴型刺しゅう押え#26をつけます

Picture: Boho Bag

デザイン

  • デザインフォルダー、フォルダー11、デザイン15の順に選択します
  • 刺しゅう枠の画面でミディ刺しゅう枠アイコンを選択し、画面を閉じます
  • [設定]>[刺しゅうの設定]>[オフセンターデザイン] に移動します。こちらは有効にせず

Picture: Boho Bag

色数を減らす

  • [カラーパレット]>[カラー3を選択]を選択します
  • [0-9]を選択し、[1805 Isacord 40]を選択します
  • 選択したらパレット(サムネイルまたはタブのどちらか)に戻ります。カラー5とカラー6をIsacord 4111
  • (ターコイズ)に変更し、矢印を使用して2/2をカラー8までスクロールし、カラー8をIsacord 5100(緑)に変更、選択します。
  • 編集に戻ります
注意:
"選択"をクリックすることを忘れないでください

Picture: Boho Bag

  • iボタンを選択し、グループ刺しゅうアイコンを選択し、次にグループ解除を選択します
  • 次にグループ解除を選択します
  • デザインは8色のレイヤーの分割されており、これを5まで減らします
  • [i]を選択し、次に[調整]を選択します。移動したい色を選んで色を一緒に移動するか、レイヤーの上下の矢印で選択して右側の矢印で移動させます
  • 最初にレイヤー3(赤)をレイヤー2まで移動し、次に、レイヤー8を5(緑)に移動します

  • ボタンを選択し、グループ刺しゅうのアイコンを選択します
  • グループ化する必要のあるレイヤーから色の下のレイヤーを選択します
  • 最初に赤次に緑、ターコイズを選択します
  • [グループ]を選択します。5色のレイヤー(それと以下のレイヤーを組み合わせたもの)が残ります
  • 必要であれば[元に戻す]を使用します

Picture: Boho Bag

モノグラムのためのスペースを作成する

  • レイヤー2 (ダークピンク)と[グループ解除]を選択します
  • レイヤーを右、または左にスワイプし、確認をし、ジグザグレイヤーを削除します
  • 最も低いレイヤーを選択します。グループ刺繍アイコン、次に[グループx2]を選択し、もう一度グループ化します
  • レイヤー3(緑)を選択し、[グループ解除]を選択します。レイヤー4を選択し、グループ解除をします
  • 確認をし、ジグザグレイヤー4を削除します
  • 緑の最も低いレイヤーを選択して、[GROUP x2]を選択し再グループ化します

Picture: Boho Bag

デザインを刺しゅうする準備をします

  • これで5色のデザインを刺しゅうする準備ができました
  • 柔らかいスエードの場合は、スタビライザーの狭い端に向かって、紙側を上にして、枠を取り付けます(こうすることで刺しゅうした後、 芯地として使用できます)
  • 待ち針を使用して、枠の内側の紙に穴を開け、破ります
  • スエードを半分に折り、上から1インチ(約2.5cm)と6インチ(約15cm)の場所にXの印をつけます
  • 刺しゅう枠の上部にスエードを置きます。まっすぐである必要はありません
注意:
これはピンポイント配置を大げさに表示するためのものです。
 

  • iと[ピンポイント配置]を選択します
  • グリッド、次にセンタートップポイントを選択し、枠の上部中央の1インチ(約2.5cm)の印に針を置きます
  • 必ず[設定]を選択します
  • 画面上で中央下のポイントを選び、針を下の中央の印まで移動します
  • [設定]を選択し、i画面を閉じます

Picture: Boho Bag

  • [設定]>[刺しゅう機能の設定]を選択します。[測定単位]をインチにします
  • メニュー階層で、刺しゅうの設定画面に戻ります
  • スレッドアウェイモードとインビジブルセキュアを開始と終了時に有効化します
  • 自動ジャンプステッチを有効にし、長さを1mmに設定します
  • アイコンの意味を確認するには、クエスチョンマークを使用します
注:
7針縫った後のマニュアル切断は、デフォルトでオフになっています。

刺しゅうを始める

  • 縫い画面に移動し、切断つなぎステッチとカラー再シーケンスが有効になっていることを確認します
  • 針の上/下ボタンを使用し、ボビンスレッドを持ち上げます
  • 刺しゅうを開始します。すべてのデザインを刺しゅうし、終わったらフラッグを選択します
ヒント:
このプロジェクトではスレッドアウェイモードを使用します。なぜなら裏地がついているため、背面の刺しゅう糸をトリミングする必要がないからです

Picture: Boho Bag

パーソナライズする

別の課題として、再度ピンポイントの配置を使用します。ではモノグラムを準備します。

  • フォントとCurly Script No. 30を選択し、お好みの2つの大文字を選択します
  • 約2x1インチ(約5x2.5cm)にサイズを縮小します
  • i、ピンポイント配置、グリッドを選択します
  • グリッドのポイントを選択して、針を使用して、正しい位置に文字を移動します
  • お好みの色で文字を縫い付けます
注意:
各動作後に、[設定]を選択します。サイズが多少変更される場合がありますが、スペースに適当に収まる限り、問題はありません

Picture: Boho Bag

ポーチの型紙を準備する

  • スタビライザーが芯地として必要でない場合は、デザインの背面から剥がします
  • 型紙を使用して、スエードの両端のかたどります
  • 裏地も同じようにします

  • ソーイングモードにし、茶色のメトロシーン糸をミシンにセットします
  • ソーイング用にボビンに再び糸を巻き、直線縫いを選択します
  • 針位置を3つ分、右に移動します
  • 9mm針板を取り付けます, 押え#1Dを取り付け、デュアルフィードを設定します

  • 右側を一緒に織り込み、両端を縫います,上部と下部を固定します。糸カッターを忘れずに使用しましょう
  • サイドシームを開き、裁縫台を使用し、角から1インチ(2.5cm)に印をつけます
  • 角から角まで直線縫いをし、最初と最後を結び始末ます

裏地の縫い方

  • 右部分を一緒に折り、片端を縫います
  • ¼インチ(約6mm)の縫い目を使用します。(針の位置4右)
  • ひっくり返すため、反対側に8cmのギャップを残します
  • 外袋と全く同じようになるように、裏地の底の形状を整えます

ポーチの仕上げ

  • ¼インチ(約6mm)の縫い目で(針の位置4右)、上部端右側に沿って、外袋と裏地を縫い合わせます
  • 右側をひっくり返して、直線縫いで裏地を縫い付けます(針位置1から右)。
  • 押さえの端の内側に、縫い目の端を移動します
  • ポーチの上部を押さえ縫いします。これで留め金をつけることができます
  • コルドネ糸を手縫い用の針に2本取りで通します
  • 留め金の中央とバッグの上部をチャコで印をつけます。ポーチの上部に留め具を縫い付けます

完了しました!

そして、あなたの甘いBoho Bagは、あなたの人物を保管する準備ができています! この商品をお楽しみいただければ幸いです。(* ^ ω ^)