Bild: カットワーク - ベルニナはミシンでカッティングを可能にし、スイス・テクノロジー・アワードを受賞しまし

メディアリリース

2011年 アーカイブ

カットワーク - ベルニナはミシンでカッティングを可能にし、スイス・テクノロジー・アワードを受賞しました。

最高級のソーイング及び刺しゅうシステムメーカーとして長い歴史を誇るベルニナ社は、ソフトウェアが付属した高精度布地カッティングツールを発売しましたカットワークを使えば、どんな輪郭も画面に描け、ミシンで切り抜くことができます。この革新的な製品により、ベルニナは2009年末スイス・テクノロジー・アワードを受賞しました。

布地を使ってクレアティブな制作活動をする人は、いつかは、例えばアップリケ用に複雑な形を布地から切り取るという課題にぶつかります。これまでは、細かなハサミやカッター、間に合わせの型紙を使って、苦心しながら切り取り作業を行っていました。ベルニナのカットワークを使えば、この目的専用に開発されたソフトウェアでどんな形でも図案化できます。簡単な星型から網目模様まで、USBスティックを介して、ミシンに図案を送り、生地から切り取ることができます。さらに、裁縫針の代わりに回転刃の付いた特許取得カットツールがミシンに取り付けられています。手描きの図案もスキャナーまたはウェブカムを使用してソフトウェアにロードでき、引き続き加工処理ができます。カットワークは2009年11月、スイスを代表するテクノロジー・イノベーション賞であるスイス・テクノロジー・アワードを受賞しました。2010年2月以来、カットワークはヨーロッパの専門店でお求めいただけます。希望小売価格は399ユーロです。

大胆にパンチング!

「カットワークで弊社はテキスタイルデザインの新次元を切り拓きます」とベルニナ製品マネージャーのCarola Grummt刃述べます。10名のチームとの連携により、最初のアイデアから1年内ですぐにでも市場投入できる製品が誕生しました。「数え切れないほどの使用分野がカットワークにはあります。このカットツールは、繰りの大きな高級イブニングドレスの裁断に使用できます。ネオプレン製のスタンプまたはフェルト製のキャンドルのように正確にうまく裁断できます。」カットワークカッターはほぼ全部の布地、綿、絹、皮革、フィルム、ジャージー、テリー織、スポンジやジーンズまで切ることができます。15層まで同時に裁断可能です。この特性は作品用に同種の型を場合によっては十数枚裁断する必要のあるキルト制作者にとっては重要です。

またカットワークソフトウェアで縫い目や刺しゅうを配置することができます。そしてこの輪郭をミシンですぐに縫えます。カットワークのユーザーは、標準的な裁縫または刺しゅう針に変わってカットワークカッターを取り付け、糸通しをする必要があります。その他はミシンが行います。これで、サテンステッチの輪郭や実用縫いに覆われた生地の切り抜き(リシュリュー刺しゅう)のできあがりです。

ベルニナ – 伝統の革新性

ベルニナの革新性には歴史があります: 1893年、Karl Friedrich Gegaufはヘムミシンを発明しました。今日、ベルニナは80カ国で企業活動を行っています。弊社は世界中のテキスタイル愛好者に、最高品質で革新的、非常に丈夫なソーイング及び刺しゅうシステムメーカーとして評判を得ています。

スイス・テクノロジー・アワードの受賞はベルニナの技術革新力の賜物です。1987年以来、スイス・テクノロジー・アワードを受賞しています。この最も熱望されるスイスの技術賞には以来1600を超えるプロジェクトが応募されています。このスイス・テクノロジー・アワードはFörderagentur für Innovation(技術革新振興事業団) KTI、ベルンやゾーロトゥルン州で知的財産 IGEの他経済振興のためのスイス連邦機関に支援されています。