Bild: デザイナーズ作品としてのミシン - ベルニナが3シリーズを発表します

メディアリリース

2011年 アーカイブ

デザイナーズ作品としてのミシン - ベルニナが3シリーズを発表します

ますます多くの女性が「買うよりも作る」というモットーにしたがって自分の洋服を縫うようになりました。3月末、ベルニナは3種のミシンを発売します。このミシンは、モノ作りをする新世代のニーズに完璧に合わせたモデルです。ベルニナ 330、 350及び380はベルニナの特徴である丈夫な品質と簡単な操作性、モダンな見た目を兼ね備えています。

多数のブログやdawanda.deといったインターネットプラットフォーム、また流行のファッション誌が確証しています: 「手作りはトレンド」だと。ベルニナの主要市場であるアメリカでは、広範囲で行われたセグメンテーションスタディーで、1,100万人以上の若い女性がファッションに興味があり、自分の手でファッション制作をしたいと考えているという結果が出ました。ベルニナではこういった若い女性を"Amy"と呼びます。対象は平均30歳で6-10年間の裁縫経験があり、最低でも月に1回は裁縫をする女性です。ベルニナの新しいミシンシリーズは、2010年4月からドイツ、スイスの専門店で購入でき、まさにAmyをターゲットにしています。「3モデルすべてがソーイング初心者が望む操作の快適性と、要求の高い縫製作業も簡単にこなす納得の機能を備えています」とマーケティング部長のClaudia Staberが述べています。さらに、この新製品は非常に優れた見た目です。このデザインから、家電製品が同時にデザインの正統派であったBraunの最盛期を思い出されます。
 
Amyにとって、ソーイングはしなければならない家事ではなく、楽しみです。自分だけのものを作るという体験は、彼女たちを満足感で満たします。「時々アイデアをふと思いついて、これをどうしても形したい」と22歳のSinje Lübbkeは言います。彼女は"Hausmaus"の名前でブログを書いていて、そこでソーイング、刺しゅう、編み物の体験を記録しています。ターゲット層の変更はベルニナの3シリーズによって一貫して理解されます。東スイスの企業は、革新的で非常に耐久性に優れた製品を造るという評判です。ベルニナ 330、 350及び380ではデザインと情熱が調和して、この伝統の品質が輝いています。
 
特に注目すべきは、この新シリーズのトップモデルであるベルニナ 380です意欲的なデザインはplatinumdesign社によるものです。それは ベルニナブランドの品質へ高い要求を強調しています。デザインの 機能的な直接性は 丸みを帯びたデザインと組み合わされ、ミシンがクラシックで親しみやすい柔軟性を持っているように見えます。「黒のカバーの下の曲線は、古い鋳鉄製ミシンの輪郭を真似たものです」と製品マネージャーのUlrike Laubnerは述べます。ピアノ塗料が施されたデザイン性の高いカバーに内蔵された、高コントラストの「リアルブラック」カラーディスプレイは人間工学に基づいた最適の位置に配置されています – 針の近くの目の高さに。平らに組み込まれた十分な大きさの手提げグリップにより、380を持ち運ぶことができます。グリップは簡単に回して上げることができます。折りたたんだ状態では、ステッチカードホルダー(3桁以上の組み合わせを選択できる115種のステッチパターンの図)として使用できます。
 
ベルニナ 380を使ったソーイングは感覚的な喜びです。「ユーザーは研磨されたステンレスや光沢仕上げを施されたプラスチック表面、特に快適なソフトタッチキーといいた高品質素材に触れます」とUlrike Laubnerは言います。ミシン内部には、工場品質の最新技術が搭載され、創造性を制限することがありません。半自動糸通し、自動ボタンホール機能、ダイレクト選択ボタンによるすばやいステッチ選択、フリーハンドシステム (押え金は膝の力で上がります)、LEDソーイングライトによる非常に明るい作業スペースとスライドテーブルで理想のプロジェクト進行が可能となり、ソーイングの快適性が高まります。3シリーズのすべてのモデルにはアルファベット順でその機能が記載されていますこのキャットウォークモデルには内面価値があります!
 
ベルニナ 380の推奨価格は  1399ユーロ (B 350: 1199ユーロ、 B 330: 999ユーロ)です。