Bild: 2011年9月2日のベルニナ チューリッヒ VIPオープニング

メディアリリース

2011年 アーカイブ

2011年9月2日のベルニナ チューリッヒ VIPオープニング

昨日の金曜日、チューリッヒのタールアッカー 35にベルニナの新旗艦店がオープンしました。VIPイベントの枠内でLinda Fähが司会をし、ミシンメーカーがスイスのデザイナーやモードシーンの著名人を多数含む150人の招待客のためにドアを開けました。

数日前、ベルニナはスイスで新たな製品シリーズを発売しました。その際、ベルニナは最新の装いで「材料 - 創造性の材料」をスローガンとするキャンペーンを発表しました。新店舗はブランドキャンペーンの要素を取り入れてあります。ソーイングアトリエを思わせる店舗は、チューリッヒの中心でソーイングに心を動かされる人々が集う場所を提供します。「ベルニナ チューリッヒによって、弊社は創造性と独自性あふれる場所、人々が自分でドレスを縫う楽しみを肌で感じられる場所をつくります」とベルリナ社社長Hanspeter Ueltschiが開店の挨拶で述べましたソーイングファンはここでプロジェクトに使うあらゆる材料を見つけられるでしょう: ベルニナのミシンやオーバーロックミシン、ファスナー、ボタン、リボン、そして衣類、キルティング、アクセサリー、ホームテキスタイル用に厳選された生地の幅広い品ぞろえ。
 
主要テーマとしての創造性
 
開店イベントの間、すべての招待客に発送された個々に刺繍が施された招待状が、「ベルニナがつなぐ」のスローガンのもと1枚の大きなキルト作品に縫い合わされました。Dechen Shak-Dagsayが店舗開店イベントに際し、儀礼音楽で彩りを添えました。このチベット人歌手は1999年以来4枚のスタジオ収録アルバムをリリースし、その内の1枚はスイスで金賞を受賞しました。また、最近ではTina Turnerとスタジオ共演しています。司会者である元ミススイスのLinda Fähのドレスは、Kazu Hugglerの新コレクションの1枚です。日本人のルーツを持つこのチューリッヒのデザイナーも、昨夜のイベントに出席していました。幼児期から彼女はベルニナミシンを使って創作をし、日本支援プロジェクトではベルニナの援助を受けています。その他の招待客には、企業家のBeat Curt、Regula Curt夫妻、俳優のGilles Tschudi、プロモデルでパーティークィーンのShawne Fielding、 IWC CEOのGeorges KernやデザイナーのErica Matileがいました。
 
BERNINA – made to create
 
"Made to Create" これがベルニナの新しいモットーです。開店パーティーに参加した招待客は店内に置かれた大型ソーイングテーブルについて、インスピレーションを高めました。できあがった作品はすぐに身に付けられました: 招待客は新しい旗艦店と最新のベルニナミシンやオーバーロックミシンがもたらすクレアティブな可能性に感銘を受けていました。