Mathias Ackermannのプロフィール

Mathias Ackermannのプロフィール

Mathias Ackermann は流行とファッションのために生きています: この道をいつか選ぶであろうことは彼にとって早くから自明のことでした。Mathias Ackermannの場合、それが分かったのは5年生の布を使った工作の授業でした。

彼の作品に図工の教師が感動したことが大きな動機づけとなり、Mathias Ackermannは当時、洋裁師やスタイリストになることを決心しました。
修行は伝統的な商業スタジオで行い、彼はここで «古い学校» の後、裁縫技術を基礎から学びました。修了試験に合格した後、彼は知識を深めるため有名なアトリエで働きました。その傍ら、彼は様々な継続研修講座に通い、ファッションショー向けの洋服をデザインしました。
1997年、独立の機が熟しました: Mathias Ackermannは自身のクチュールアトリエ «Little Kingdom»を開店しました。しかし、彼にとってこの小さな王国は十分ではありませんでした: Mathias Ackermannは職業的そして人間的にさらなる発展を望みました。 そのため、彼は副業として2004年から2005年までヴォルプにあるファッション学校 Modeschule Gewerbe und Design で «応用デザイン»課程を修了しました。そして、その努力が実り、彼は首席で卒業しました。その間、Mathias Ackermann はこの学校で様々な継続研修講座を担当しています。
2006年2月、Mathias Ackermannはグローブスチューリヒにおいて«Real Time Society»の名前で自身のレーベル«Little Kingdom»のシャツコレクションを展開する機会を得ました。そして、スイスファッションアワード 2006に応募し、すぐにノミネートされました。